最優秀商業建設市場の調査でダラス・フォートワースは2位、ヒューストンは8位にランクイン

パンデミックに煽られた景気減速は、建設活動の観点から全ての米国市場に影響を与えている。 しかし、ダラス・フォートワースやヒューストンは、全体的な開発の魅力や新しい商業施設に対する能力に関して、米国市場のトップ10にいる、 […]

パンデミックに煽られた景気減速は、建設活動の観点から全ての米国市場に影響を与えている。

しかし、ダラス・フォートワースやヒューストンは、全体的な開発の魅力や新しい商業施設に対する能力に関して、米国市場のトップ10にいる、とCBREの新しい調査結果がでた。

CBREによる米国開発機会指数は、ダラス・フォートワースが市場全体の2位、ヒューストンは8位にランク付されている。現地の建設費用、既存の商業施設の不動産資産の供給力、以前の市場サイクルのパフォーマンスや現地の財産の全体予測から、米国市場の全個人の強さが評価された為だと、CBREは述べている。

異なる資産クラスは、ダラス・フォートワースやヒューストンを上位10位まで吊り上げた。

ダラス・フォートワースの非常に多様化した地元経済での小売や製造の開発機会は、市場を高額な請求に追いやった。

また、ダラス・フォートワースは集合住宅の開発力でも全土で6位、オフィス建設の区分では11位にランク付されている。

ダラス・フォートワースの第二のスポットは、開発費用の安定維持の能力や有利な税環境、より多くの専門家が市場に移行することによる高いレベルの新しい能力によるものだ。

一方で、ヒューストンは新しい商業施設に対する好感度において全土で8位であった。

しかし、テキサス南部のメトロポリタンは、全土で6位、集合住宅では13位にランクインしており、小売建設がきたときの競争に大きな打撃を与えた。

ヒューストン市場は、オフィスセグメントにおいて、ダラス・フォートワース以上に苦戦し、最初のCBREレポートでは全土で24位にランク付された。

ヒューストンの低迷しているオフィス建設市場は、現地CRE経済が直面している、地域の中核となる石油およびガス産業の弱さとコロナウィルスのパンデミックの余波によって引き起こされた継続的な占有圧力が、同様に起きている。

CBREによると、それでもヒューストンやダラス・フォーワースは他の重要な建設市場よりも良いポジションにある。

「人々や企業は、建設活動や商業、ヘルスケアや小売、集合住宅を含めたオフィスの全てのビジネスラインの開発をヒューストンへ移すことを続ける」とCBREの企画管理のマネージングディレクターであるロバート・デルヴィーは言及した。

ダラス・フォートワースの強みは大部分がインフラからきており、特に、急速に拡大している工業製品の需要に対応する市場のセグメントだ。

「ダラスは、不動産の成長とサステナビリティーの為に、真の多様化した市場の先導者になり続ける」とCBREの企画管理のシニアマネージングディレクター、クリス・ ボーンは述べた。

「中央集権化された全土的な場所で、内陸や湾港貿易ルートに近接していることや土地の有効性により、テキサス北部は雇用主や熟練の技術者がビジネスを運営する為の中心的な焦点として存在している」

参考URL:bisnow.com/dallas-ft-worth/news/construction-development/dfw-ranks-no-2-in-survey-of-best-commercial-construction-markets-107525

2021年2月22日 配信