よくあるご質問Frequently Asked Questions

キャッシュフローとは何ですか?

キャッシュフローとは毎月の家賃収入から毎月の経費を引いた、手残りのお金(家賃所得)のことです。
差し引かれる経費には主に以下の2種類あります。

1.定期的にかかる費用:年金の税金、保険代、管理費、HOA(共益費)、ローン返済(ローンを組んだ場合)

2.一時的にかかる費用:空室時の費用、修繕費。物件を買う時にかかる費用(クロージング費、仲介手数料)

投資物件でキャッシュフローが一番得られやすい物件価格は、平均的被雇用者の借主が好む8万ドル〜15万ドルと考えられており、弊社は価格帯も含めた厳選物件を取り扱ってございます。

アメリカと日本、どちらにも
税金を支払わなければなりませんか?

理論上、アメリカと日本、納税額の高い方のお支払いとなります。

日本とアメリカどちらの国でも確定申告はしなくてはなりませんが、”外国税額控除”が受けられるので両国で税金を払う必要はございません。

流れとしては、アメリカで納税し、その後日本の納税額がそれ以上ならば残り分を納税。アメリカでの納税額の方が高ければ、日本では納めなくて良いということです。

どちらの国も赤字なら納税はなくなり、日本の課税所得からその赤字分を差し引き節税も可能です。

アメリカ不動産投資はこの節税効果が大きなメリットの一つとなります。 (詳細はこちら)

物件の管理方法を教えてください。

弊社が厳重審査した現地の管理会社をおすすめしてございます。

投資レポート等の英語表記書面に関しましても、ご希望により弊社が翻訳・解説を致します。(※家賃収入から手数料をいただきます。)

家賃の受取方法を教えてください。

通常では、現地の銀行口座を開設していただき、管理会社が毎月家賃回収・振込を行います。
振り込まれた家賃は、口座に貯金していただくか、オンライン上でご指定の銀行口座に送金も可能です。

渡航せずにアメリカでの
銀行口座開設は可能ですか?

ユニオンバンクは、アメリカに渡航せず日本でも口座開設が可能です。

固定資産税の支払い方法を教えてください。

固定資産税は年に2回、通常の手続きと同様にご自身でお支払いいただきます。

弊社では、アセットマネージメント会員のお客様限定で、毎年または初年度のみ固定資産税支払いのコーディネートサービスを提供させていただきます。

会員でないお客様には、メルマガにて支払時期をその都度告知させていただきます。

購入の際、物件価格以外に発生する
手数料はありますか?

登記(購入)の際に、名義調査代、名義保険代、弁護士費用、購入サポート料が発生いたします。
弊社の場合原則仲介はしておりませんので仲介手数料は掛かりません。

融資は受けられますか?

もちろん融資も可能です。弊社では金融機関との繋がりがございますので、迅速な仮審査サポートをご提供してございます。

セミナーや講座は行っていますか?

弊社では毎月1〜2回セミナーを開催しております。詳しくは当ウェブサイト内「進捗情報⇒セミナー情報」のページをご覧ください。

登記後、
家賃が発生する期間はどれくらいですか?

家賃は、登記日の翌日から発生いたします。

弊社では基本、入居者をつけてお引き渡ししておりますので、即日家賃収入が可能となっております。

万が一入居者がついていない物件の場合、空室期間は弊社が家賃保証致しますので、登記日の翌日から家賃収入が発生いたします。

家賃収入の発生は、利回りに大きく影響いたしますので、このサービスはとてもご好評いただいております。

建物の修繕計画の詳細を教えてください。

最初の修繕は弊社が終えているので、大きく修繕が掛かることはほぼありません。
また、お引き渡し後1年以内は主要躯体部分の修繕は瑕疵担保責任を負っております。(詳細は契約書に記載)

物件を保有する中で発生する修繕費は、大家が負担することとなります。主に発生する修繕としまして、トイレの詰まり・蛇口が取れるなどの細々したものです。

また、約2年に1度の入居者が新しく変わる際に発生する回復修繕では、入居者から預かっている半月分の家賃預り金を元手に、大家が負担することとなります。(※例外もございます。)

入居者からよく出るクレームと
対処・改善方法を教えてください。

クレームほとんどは、修繕関係となります。

クレームが発生した際は、管理会社がすべて調査後、小規模や緊急性が高い案件は、迅速に修繕、大規模な案件の場合は、都度大家に許可を仰ぎ、修繕となります。

弊社のアセットマネージメントサービスでは現地の管理会社とのやり取りも、日本語でサポートいたしますのでスムーズにご対応いただけまます。

保険の種類を教えてください。

弊社が皆様にご加入いただいております保険は以下の通りです。
・火災
・天災(洪水や竜巻等)
・テナントに訴訟された際の損害賠償保険

賃貸経営する上で
収入項目と費用項目は何ですか?

収入項目は、「家賃収入 – 空室損失額」を計算し記載しております。

費用項目としては下記の通りです。(エリアにより発生しない項目もございます。)

・固定資産税

・保険料

・水道光熱費

・入居者更新費

・コミュニティ費

・管理費

・確定申告費用

・アセットマネジメント費

費用項目が少なく、一見多くお手元に残る提示をされる場合でも、実際に物件を保有したら、手元に何も残らないといったケースがございますのでご注意ください。

弊社は投資歴10年以上の実績をもとに、細かい経費も投資家目線に立ってご提供しております。

詳しい内容はこちらからお気軽にご相談ください

お電話でのご予約

お急ぎの個別相談予約はお電話がおすすめです。
お気軽にお問い合わせください。

03-4500-8721

【お問い合わせ受付時間】
9:00〜17:00 (土・日・祝日定休)