TEL:03-6823-2357

『あなたの資産の何割が日本円資産ですか? それ多分気付かぬうちにどんどん資産減っていきますよ。。』その3

その2の続きです。

改めて、皆さんの資産を見てみましょう。冒頭のとおり日本円資産ばかりになっていますね。これは無意識的に、「日本の経済はアメリカよりも98%の確率で伸びる!日本の人口は98%の確率でアメリカよりも増える!日本のGDPは98%の確率でアメリカより大きくなる!」と言っているようなものです。

まぁそんなことはないですよね。アメリカの人口は現在3億2500万人ですが、政府が昔から上手に人口を徐々に上げ経済をコントロールしてきており、今後2050年までに人口を30%増加させると言っております。また経済に関しても常に世界をリードしております。

それだけでなく、米ドルというのは他の通貨とは全く違います。詳細は省きますが、1944年ブレトン・ウッズ協定というルールのもと「米ドルは世界の基軸通貨」と定められたのです。世界貿易のやり取りは基本全て米ドルで行います。つまり、他の国の通貨と違い、世界の基軸通貨ということで国際的に守られており、最もリスクの低い通貨なのです。資産を増やす、守る、ことを考えている方にとって、この通貨を資産の中に組み込みこまない手はないのです。

それでもそれでも、日本円が高くなる「かも」!という方でも、どっちが高くなるか、安くなるか「分からない」場合には、理論上どちらもちょうど50%ずつ保有するのが、正常な為替ポジションの取り方ですから、日本円・米ドルを50%ずつ保有することになります。
そして皆さんにも、最低でも、日本円と米ドル資産を50%ずつ持つ形で資産を保有することをお勧めします。

弊社の不動産投資は、アメリカ現地に米ドルで資産を持つわけなので、いままでお話した為替のポジショニングにも大いに役立ちます。アメリカ不動産投資は、そんなとても大きなメリットも付いてくるのです!(しかも米ドルで米ドルを稼ぐ家賃収入までもれなく付いてきます。)

ぜひ弊社までお問い合わせください!
電話番号:03-6823-2357

E-mail: info@winwinpro.info
ウェブサイト:http://winwin-pro.com/
商品紹介ページ:http://winwin-pro.com/lp/

 

柳原大輝(やなぎはら ひろき)
パートナー(日本代表)

日本を中心にアジア圏の不動産投資家・市場開拓のため、現在東京オ フィスに籍を置く。過去50回を超えるセミナー講師経験と200名以上の マンツーマン個別相談経験から、各個人の財務状況と知識に合った投資 戦略を寄り添って提案する。
海外不動産投資が初めての方には基礎から の知識を、お金の準備ができていない方には融資をはじめとしたお金の 引き方もアドバイスする。